前へ
次へ

外構工事で防犯のため壁は高くすべきか

住宅を建てる時には防犯のこともそれなりに考える必要があります。建物内に住みますし建物内に貴重品なども置くのであればいかに建物内に侵入されないかが大事なポイントになりそうです。それ以外には外構部分の防犯性をどうするかがあります。建物に入る前には外構部分を通ることになり、この部分の防犯性が高ければ建物内にも入りにくくなるでしょう。外構工事においては壁を高くするなどすれば防犯性が高まると考えることもあります。確かに壁を高くすればそれを越えるのが難しくなるので防犯性が高くなる面もあります。ただ壁を越えられてしまうと一転侵入者にとっては都合の良い状態になりかねません。建物内に入るための作業をするのでしょうが、高い壁が外部から見られないので作業がしやすくなってしまいます。外構工事をするときには安易に高い壁を設置するよりもある程度庭などが見えやすい作りの方が良いときもあります。庭に入られたとしても外部から見えやすい方が意外に防犯性が高くなったりします。

Page Top