切手との上手なつきあい方

切手買取業者に販売して小遣いを稼いだ人がいます

親が亡くなるとたくさんの遺品が残り処理に困ると言うことがよくあります。私の知人にもそんな人がおり、遺品整理業者に頼んで処理したそうです。ただ本棚にあった本は自分が読むつもりだったので処理しなかったらしいですが、その中に切手のアルバムがあったそうです。遺品処理の時には気がつかなったらしいですが、中国の切手がたくさんあったらしくて、ひょっとしたら高い物かもしれないと考えてネットで調べたらしいです。そしたら、ほとんどが何万円もする切手だったわけで、びっくりしたとのことでした。彼はすぐにネットで切手買取について調べたら、出張切手買取をやっている所があるのがわかり、そこで依頼して買取ってもらったそうです。そしたら20万店程度の買取価格になり、すごくうれしかったとのことでした。彼が言うには親は切手の趣味があったようでかなりそれにお金をつぎ込んでいたようです。しかしその事を息子である彼は全く知らなかったので、こんなことが起きたようです。